2017年5月23日火曜日

徳島大学報道発表「ヒト遺伝子多型がキラーT細胞の産生に及ぼす影響を解明」研究成果を掲載した論文が読めます

先端酵素学研究所の大東いずみ准教授らの研究グループによる研究成果「ヒト遺伝子多型がキラーT細胞の産生に及ぼす影響を解明」が,先週5月18日に本学から報道発表されました。

報道発表資料には研究の背景などが詳しく説明されています。気になる方はぜひチェックしてくださいね。(報道発表はこちら
さらにこの成果は,5月18日付け米国科学雑誌『JCI Insight』オンライン版に掲載されます。 この雑誌はオープンアクセスジャーナルなので,論文本文を読むことができます。
下記リンクからどうぞご利用ください!

 "A human PSMB11 variant affects thymoproteasome processing and CD8+ T cell production." 

Ohigashi I, Ohte Y, Setoh K, Nakase H, Maekawa A, Kiyonari H, Hamazaki Y, Sekai M, Sudo T, Tabara Y, Sawai H, Omae Y, Yuliwulandari R, Tanaka Y, Mizokami M, Inoue H, Kasahara M, Minato N, Tokunaga K, Tanaka K, Matsuda F, Murata S, Takahama Y.

JCI Insight. 2017 May 18;2(10). pii: 93664.
doi:10.1172/jci.insight.93664

図書館ホームページ電子ジャーナルリストからもどうぞ
sm

2017年5月22日月曜日

「My Thesis(私の学位論文)」口腔顎顔面形態学分野 馬場麻人先生

口腔顎顔面形態学分野教授 馬場麻人先生がMy Thesis(私の学位論文)の紹介文をお送りくださいました。
馬場先生,ありがとうございました。

紹介文の全文は,下のリンクまたはタイトル部分の画像をクリックするとお読みいただけます。
ぜひご覧ください。

「My Thesis(私の学位論文)」医歯薬学研究部 口腔顎顔面形態学分野 馬場麻人

 
※My Thesis(私の学位論文)これまでの紹介文など関連記事は,ラベル「My Thesis」からどうぞ!


(T)

2017年5月19日金曜日

「My Thesis(私の学位論文)」分子薬理学分野 石川康子先生

分子薬理学分野准教授 石川康子先生がMy Thesis(私の学位論文)の紹介文をお送りくださいました。
石川先生,ありがとうございました。

紹介文の全文は,下のリンクまたはタイトル部分の画像をクリックするとお読みいただけます。
ぜひご覧ください。

「My Thesis(私の学位論文)」医歯薬学研究部 分子薬理学分野 石川康子
 
 

※My Thesis(私の学位論文)これまでの紹介文など関連記事は,ラベル「My Thesis」からどうぞ!
 
(T)

2017年5月18日木曜日

花便り(12)分館花壇に樹木名板の立札を設置しました

眉山や街路樹の緑が目に鮮やかな季節になってきましたね。
5月は天気のいい日が多く,過ごしやすい気候で,私たち人間だけでなく植物にとっても気持ちのいい季節です。
次の日曜日,5月21日は 二十四節気のひとつ,小満(しょうまん)です。小満は,草木などの植物が成長し,生い茂るさまを意味する節気と言われています。
(JapanKnowledge,【12か月のきまりごと歳時記】「現代用語の基礎知識2008年版付録」より)

さて,分館花壇の植物たちも元気に生い茂っていますが,先日,花壇の樹木に名前を記した立札が設置されました。
今回設置したのは ソメイヨシノと侘助(椿)です。これらの名札は器用なMさんの手によるものです。

早速写真を撮りに行ってきました。
侘助の方は,立て札がないと存在に気づかないくらい,小さなかわいらしい木です。
札のおかげで,間違って踏まれることもなく,元気に育ってくれると思います。
花を咲かせる日が楽しみですね!

こちらはソメイヨシノ

あれ?侘助…?
いたいた,こちら侘助です
sm

2017年5月17日水曜日

第55回テーマ展示関連サイトのご紹介(認定遺伝カウンセラーとは)

第55回テーマ展示「遺伝医療と遺伝カウンセリング」では,監修の先生方に関連サイトを多数ご紹介いただいています。
展示コーナーのiPadでご覧いただけますが,ブログにも随時,掲載していく予定です。今日は,「認定遺伝カウンセラー」関連のサイトをご紹介します。

みなさんは「認定遺伝カウンセラー」という資格をご存知ですか?
「認定遺伝カウンセラー」は,日本遺伝カウンセリング学会と日本人類遺伝学会が共同認定する資格で,2005年より制度として正式にスタートし,有資格者は現在,全国で205名という稀有な資格です。
今回のテーマ展示を監修いただいた宮本容子認定遺伝カウンセラーはそのうちのお一人で,2016年4月から徳島大学病院の臨床遺伝診療部で遺伝カウンセリング外来を受診する患者さんの支援に取り組んでおられます。

「認定遺伝カウンセラー」は,遺伝医療を必要としている患者さんやそのご家族に,適切な情報提供を行い,心理的,社会的サポ-トを通して当事者の自律的な意思決定を支援する専門職です。
最新の遺伝医学の知識を持ち,専門的なカウンセリングの技術を身につけているのはもちろんのこと,倫理的・法的・社会的課題への対応力,主治医や他部門との調整役を果たすことも求められます。また,広い視野を持ち,医療技術を提供したり研究を行う立場とは一線を画した,中立的な立場から,患者さんを援助することが重要な役割と言われています。

認定遺伝カウンセラーとなりうる基盤の職種としては看護師,保健師,助産師などのメディカルスタッフや,臨床心理士,社会福祉士,薬剤師, 栄養士,臨床検査技師などのコメディカル・スタッフ,また生物学・生化学などの遺伝医学研究者やその他の人文・社会福祉系などの専門職が想定されており,遺伝カウンセラー養成専門過程を設置した大学院を修了することで認定試験の受験資格が与えられます。

疾患リスク予測,出生前検査などで遺伝子診断が普及するにつれ,「認定遺伝カウンセラー」の専門性は今後ますます必要とされてくるものと思います。
「認定遺伝カウンセラー」について,詳しく知りたい方は,宮本容子認定遺伝カウンセラーよりご紹介いただきました下記サイトをご参照ください。


認定遺伝カウンセラー制度委員会
http://plaza.umin.ac.jp/~GC/

京都大学大学院 医学研究科 社会健康医学系専攻 遺伝カウンセラーコース
http://sph.med.kyoto-u.ac.jp/gccrc/

近畿大学大学院 総合理工学研究科 理学専攻 遺伝カウンセラー養成課程
http://www.kindai.ac.jp/sci/gene/

日本遺伝カウンセリング学会
http://www.jsgc.jp/

日本人類遺伝学会
http://www.jshg.jp/

追伸:昨日図書館に届いた「日本臨牀」の最新号,特集は「ゲノム情報と遺伝子治療」です。
最新号なので貸出はできませんが,興味のある方は館内でご覧ください。

なんてタイムリーな…!
新着図書も続々到着
sm

2017年5月16日火曜日

Intensivist(インテンシヴィスト) ,ご利用ください!

蔵本分館1階の新着雑誌コーナーに,新しい雑誌が登場しました。
その名もずばり,『Intensivist (インテンシヴィスト)』です!

集中治療の"いま"を検証し,"これから"を提示するクオータリー・マガジン(年4回発行される雑誌)で,毎号設定される1つのテーマを,最新のエビデンスに基づき,徹底的に検証,解説。
Intensivist=集中治療医という名前ですが,テーマは集中治療にとどまらず,内科,呼吸器,救急,麻酔,循環器にまで及び,ジェネラリストとしてのインテンシヴィストを追求しています。




















みなさん,どうぞご利用くださいね!
sm

2017年5月15日月曜日

網戸に虫除けスプレーを散布しました

先週の金曜日は,書架整理のため午前中閉館となっていました。
この機を利用して,毎年恒例の網戸への虫よけスプレー散布が行われました。

毎年,5月下旬から6月頃にかけて,
「閲覧室の机の上が虫だらけで勉強できません!」
「窓の隙間から小さな虫が大量に入ってきます…!」
などなど,虫による被害が報告されるようになります。
そこで2014年からは先手を打って, 少し早めに虫よけスプレー散布しています。






















この作業をすると,もうすぐ夏が来るんだなあと実感します。
5月に入り,最高気温が25℃を超える日もでてきました。
空調が入るまでは窓を開けるなど工夫しながら,利用者の皆さんには少しでも快適に過ごしていただきたいと思っています。
sm