2017年9月14日木曜日

ご意見への回答(8月分)

<ご意見>
夏休みでもクーラーをつけるべき。1・2年生が勉強できるのは市内なら大学図書館しかないのに,暑くて勉強できないのはおかしい。同じ本を何冊も買うくらいならクーラー代にまわしてほしい。
(8月16日)

<回答>
ご意見ありがとうございます。

まず,夏休み中でも冷房はついているのはご存知と思います。このご意見をかかれた日が16日でしたので,徳島大学一斉休業日に伴う休館日のこととして回答しますね。
14日~16日までの3日間は,徳島大学HPで周知しているとおり主に節電を目的とした一斉休業日でした。
(参考 http://www.tokushima-u.ac.jp/docs/2015060100018/
このため,図書館も休館日となり,空調を止めさせていただきました。

休館日の空調については要望が多いので図書館でも何度か検討していますが,やはり利用者数と図書館に充てられれた予算から,同じ結論になってしまいます。大学として契約しているので,図書を買わないでおいたとしても,賄うことはできないものです。どうぞご理解をお願いいたします。

なお,17日からはまた冷房もついて勉強もできますので,どうぞご利用ください。

-----------------------------------------------------------------------

<ご意見>
北学習室が時間外で使えないのもよく分からない。これもクーラーの節約の問題か。
(8月16日)

<回答>
ご意見ありがとうございます。

北学習室の時間外利用については,たびたび要望をいただいていますが,実際に利用者を調べてみますと,座席数が足りている状況です。図書館予算には限りがあり,北学習室を開放しますと電気代等も増加することから,利用できません。どうぞご了承ください。

-----------------------------------------------------------------------

<ご意見>
本にカバーフィルムを貼るべき。高価な本もボロボロになっている。目先の安さだけしか見ず,本を長く使おうとなぜしないのか分からない。この要望はちゃんと聞いてもらえるのか疑問。
(8月16日)

<回答>
ご意見ありがとうございます。

市立図書館などいくと,表紙全体にカバーフィルムが貼られ,読むときに気持ち良いですよね。本図書館でもそういったサービスができればいいのですが,おっしゃるとおり,予算的にきびしく,人員もあてられない状況です。また,蔵本分館では医療系分野の最新情報が必要とされているため,図書自体がどんどん更新されていきます。
とはいえ,その情報の寿命までは,やぶれたカバーの補修や取れたページの糊付けを図書館員が行い,できるかぎり使えるようにしていきますので,お気づきの時は,遠慮なくカウンターにお渡しください。
あわせて,図書をきれいな状態で使っていこう,という気持ちを皆さんがお持ちいただければと思います。
-----------------------------------------------------------------------

<ご意見>
室内温度について
暑いです。あと,1度下げて頂きたいです。
(8月18日)

<回答>
ご意見ありがとうございます。

ご意見をありがとうございます。
徳島大学での節電対策として,夏場の室内設定温度を28度とすることが求められております。恐れ入りますが,ご理解・ご協力をお願い致します。

なお,閲覧室内の温度計をご覧いただき,室内温度が28度以上になっているようでしたら,空調機の温度設定を調節いたしますので,お気軽にカウンターまでお知らせください。 

-----------------------------------------------------------------------

7月に引き続き,館内の暑さに関するご意見が寄せられましたが,省エネルギーは大学全体で取り組んでいる課題です。皆さんのご希望に応えることががなかなか難しい状況ですが,どうぞご理解ください。
また図書の破損に関しては,傷みの目立つものを学内ワークスタディの学生さんに修理してもらいました。返却時に破損に気づいた図書は職員が補修しています。
皆さんも図書を利用していて,ページの破れなど,お気づきの箇所がありましたら職員までお知らせくださいね。ご協力よろしくお願いします。

ご意見への回答はデジタルサイネージでも確認できます
 sm


2017年9月13日水曜日

My Recommendations No.105「セレンゲティ・ルール : 生命はいかに調節されるか」

分子薬理学分野教授 吉本勝彦先生ご推薦の図書が届きました。
先生のコメントをご紹介します。

『セレンゲティ・ルール―生命はいかに調節されるか』
ショーン・B. キャロル (著) / 紀伊國屋書店

東アフリカにあるセレンゲティは、我々の祖先の本拠であるとともに、大型哺乳類が集中して生息し、地上を多数の動物達が移動するという地球上で最後に残された地域の一つだ。
「さまざまな種類の分子や細胞の数を調節する分子レベルのルールが存在するのと同じように、一定の区域で生息可能な動植物の種類や個体数を調節するルールが存在する」この生態系レベルのルールを著者は「セレンゲティ・ルール」と呼んでいる。
本書では、
1)生物学や医学の発展に多大なる功績を残した人物たち(ウォルター・キャノン、チャールズ・エルトン、ジャック・モノーなど)の科学的発見に至るまでのエピソードと
2)海岸における生態系(ラッコはウニの個体数を抑制することで大型の海藻の成長を誘引)およびセレンゲティ国立公園における生態系(牛疫ウイルスの除去とヌーの爆発的な増加が栄養カスケードには働きかけ、ライオンなどの捕食者、樹木、キリンなどの個体数の増加)の調節が論じられ、著者はこれらの調節は生命の基本をなすメカニズムである「二重否定論理(AはBを抑制し、BはCを抑制する。すなわちAは二重否定を通じてCの増加を促進する)」に基づくことをあぶり出している。
いずれも数々のエピソードから理論的な話へと展開されており理解しやすい。
一読をお勧めする。 


上の写真の背景に写っている「がん-4000年の歴史-上・下」早川書房の著者
シッダールタ・ムカジーさんもこの本を推薦してくださっていました。(帯に)
今回のMy Recommendationsコメントのポップ作成時に、その帯もラミネートする予定でしたが、本体を壊してしまいました。ごめんなさい。
でも形あるものは、いずれ壊れるのです。
これも調節されている?いやいや違いますね。
                                      G

2017年9月11日月曜日

モンゴル国立医科大学の方が見学に来られました

 徳島大学医学部では,モンゴル国立医科大学と国際交流協定を締結し,学生交流等を行っています。その一環で,9月11日に蔵本分館へも見学に来てくださいました。
 特に2階のグループ学習室は,学生がプレゼン練習等に使っている70インチのBigPadもあり,とても好評でした。
 また機会がありましたらぜひ蔵本分館へお越しください。
(m)

2017年9月8日金曜日

今月のいずみ号



今日9月8日(金)は,徳島市立図書館の移動図書館「いずみ号」の巡回日でした。




今月は"写真特集"だそうです。


徳島市出身の写真家 三好和義さんの本も並んでいました。



いずみちゃんもハロウィンバージョンです。



 次回は10月5日(木)午後2時30分から午後3時までです。ぜひご利用ください。



2017年9月7日木曜日

My Recommendations No.104 「老いない性ライフ : 2つの重要なホルモンで活き活き」

以前「老いない美人」をご紹介させて頂きました、おひさまクリニック青葉台院長(元徳島大学大学院消化器内科准教授)清水一郎先生が、姉妹編「老いない性ライフ」を出版されました。今回もコメントを頂きました。有難うございます。
では、ご紹介いたします。

『老いない性ライフ ~2つの重要なホルモンで活き活き~ 清水一郎 / 西村書店』


男性脳は視覚に高い性的感受性があって、男性ホルモン・テストステロン作用で征服的・狩猟的欲求が強い。女性脳はムードや言葉を重んじ、女性ホルモン・エストロゲン作用で共感的欲求にあふれている。そして、射精やオーガズムの瞬間だけでなく、ハグや手をつなぐだけのスキンシップや会話だけでも、愛情・信頼ホルモンのオキシトシンが分泌される。こうしたホルモン作用や性機能を活性化するために、カップルマッサージ、セックス筋体操、21種類の推奨食品、その気にならないパートナーへの対処法、女性には共感・男性には評価の対話法などを平易に解説する。充実した人生を送るためにこそ、大真面目にセックスレス解消に取り組む必要がある。



『老いない美人』も蔵本1階ホールに再登場しました。
姉妹編なのでセットでお読みすることをお勧めします。           G

2017年9月6日水曜日

花便り(15)分館花壇のサルビアが咲きました

9月に入り,先月までの暑さがまるで嘘のように過ごしやすくなってきましたね。

蔵本分館南側の花壇では,前回の花便りでお知らせしたサルビアの苗が元気に育ち,赤い花を咲かせています。これもMさんのお世話の賜物です。

写真奥の方には鳥よけのCDが
かわいらしく並んで咲いています
この写真(左側)では分かりにくいですが,花壇には鳥よけのCDも取り付けられています。
Mさんによると,ハトがよく花壇にやってきては芽をつついていくのだそうです。確かにこのあたり多いですよね,ハト。

8月の暑さにも耐え,ハトの害からも逃れて,よく花を咲かせてくれました。
蔵本分館へお立ち寄りの際は,この健気なサルビアもぜひご覧になってくださいね。
sm

2017年8月31日木曜日

新着図書のご案内

暑さが少し緩やかになってきたようです。
夏休みもそろそろ終わりでしょうか。

新しい図書がたくさん入荷しています。
後期からの授業にお役立てください。

書籍は新着図書コーナーに写真のように配架しています。


ブックトラック2台分

今回,購入した図書のリストはこちらです。



T