2021年2月22日月曜日

工事のお知らせ

 下記の予定で電源増設の工事を行います。


・期間中は多少騒音が発生します。
・一部の机の利用を一時制限します。

ご不便をおかけしますが、ご協力をよろしくお願いいたします。

          記

2階北学習室
2021年3月2日(火)~5日(金) (予備日16~17日)

2階生命科学閲覧室
2021年3月9日(火)~12日(金) (予備日18~19日)
TT

2021年2月19日金曜日

今月のいずみ号(2021年2月)

 

本日2月19日(金)は,徳島市立図書館の移動図書館「いずみ号」の巡回日でした。
雪の跡も消え、蜂須賀桜の蕾たちも笑いかける日差しの中、「いずみ号」が到着しました。
今回の特集は、「思わず『クスっ』と笑える本 特集」です。
次回は 令和3年3月18日(木)14:30 長井記念ホール前到着予定です。
 是非、ご利用ください。
                                K.O.
                                 

2021年2月16日火曜日

第82回テーマ展示「麻酔科学」

 蔵本分館では第82回テーマ展示を1階ホールにて行っています。今回は麻酔・疼痛治療医学分野教授 田中克哉先生に監修いただき,「麻酔科学」をテーマに関連書籍・雑誌を展示しています。
 「麻酔」とは、手術の際の痛みをなくすものという認識で広く知られています。手術を行うのは外科医ですが、その手術を陰で支えているのは、麻酔科医です。手術中はもちろん、その前後の周術期においても、看護師や薬剤師等と協力し、その苦痛の根源に対処するチームリーダーとなります。
 また、「麻酔」は、意識を消失させる、筋肉を弛緩させる、反射を抑制する、知覚・運動神経を麻痺させるなど、人間の生理的バランスを崩すため、一歩間違えれば生命を脅かすこともある医療行為です。このような高い専門性や技術と、重責のある独自性から、他科が各医師の判断で診療科名を掲げることができるのに対して、「麻酔科医」は、厚生労働省の審査会の許可を得た者だけが麻酔科を掲げ、「麻酔科医」を名乗ることが可能となっています。

 皆さんも,この機会に「麻酔科学」について学んでみませんか?

テーマ展示のiPadでは,「公益社団法人日本麻酔科学会」のホームページを紹介しています。

 展示期間は331日(水)までとなっています。皆さんのご利用,お待ちしております。

 テーマ展示コーナーではご意見やリクエストを募集しています。
 今後の展示の参考にさせていただきますので,お立ち寄りの際には是非コメントをお寄せください。


今まで行ったテーマ展示の一覧は
https://www.lib.tokushima-u.ac.jp/siryou/theme/
から見ることができます。
ぜひチェックしてみてください。

                                 KO

2021年2月3日水曜日

My Recommendations No.151 「SWITCH(スイッチ)オートファジーで手に入れる究極の健康長寿」

 徳島大学名誉教授吉本先生より,My Recommendationsコーナーに下記図書をおすすめいただきました。吉本先生,いつもありがとうございます。


 『SWITCH(スイッチ)オートファジーで手に入れる究極の健康長寿』 
ジェームズ・W・クレメント、クリスティン・ロバーグ、児島 修 訳/日経BP

それでは,お寄せいただいた書評をご紹介します。

健康長寿は万人の望みである。その解決策は、ノーベル生理学・医学賞受賞者である大隅良典先生によりメカニズムが解明された「オートファジー」を誘発することだという。

オートファジーは「細胞が飢餓状態に陥った時、自らの一部を分解し栄養に変える仕組み」だけでなく「細胞内の浄化の役割」があり、後半の役目が長寿に重要だ。

カロリー制限や間欠的断食、超低糖質食が寿命を延長することは動物実験で証明されており、その機構は「オートファジーを活性化させ細胞内の欠陥物を取り除く」ことで、ガンの増殖を止め、代謝を正常に保つことによる。

そこで、日常の生活でオートファジーを誘発するためのガイドラインが具体的に示されている。著者の提案に対し、実行可能性など批判的な視点も持って読み進めてほしい。



本日(2/3)より,蔵本分館1階ホール,My Recommendationsコーナーに展示しています。ぜひ手に取ってご覧ください。                  KH

2021年1月27日水曜日

蔵本分館臨時休館のお知らせ

 蔵本地区施設定期点検による停電のため、下記のとおり臨時休館いたしますので、ご了承ください。


【休館日】 令和3年2月21日(日)

【休館する館】 蔵本分館


なお,時間外特別利用は利用できません。

TT

2021年1月21日木曜日

My Recommendations No.150 「善医の罪」

 徳島大学名誉教授 吉本勝彦先生より,My Recommendationsコーナーに下記図書をおすすめいただきました。吉本先生,いつもありがとうございます。 

『善医の罪』 (久坂部 羊/文藝春秋)

 それでは,お寄せいただいた書評をご紹介します。

本書は延命治療の中止で殺人罪に問われ、200912月の最高裁判決で有罪(懲役16カ月、執行猶予3年)が確定した川崎協同病院事件をモデルにしている。

本件の患者は本書のモデル(くも膜下出血)のように気管支喘息の重積発作で心肺停止となり、心拍は再開したものの意識は戻らなかった。家族の要請に基づき気管チューブを抜管後、患者さんは苦しみ始めたため生理食塩水に筋弛緩剤を混注して投与した(この場合、呼吸筋に作用しないため安楽死とならない)。ところが看護師が静脈注射したと証言したのだ(この場合は呼吸はすぐに停止し安楽死となる)。

このように病院幹部や一部の病院職員の保身のための証言や病院から賠償金を受けとってしまった家族の正確でない証言など、真実がまかり通らない裁判の難しさについても再認識させられる。

さて、本書の裁判ではどのような判決が下されたのであろうか?



本日(1/21)より,蔵本分館1階ホール,My Recommendationsコーナーに展示しています。ぜひ手に取ってご覧ください。 
    
なお,今回吉本先生にご紹介いただいたこの1冊で,My Recommendationsは150冊目を迎えることができました。これまで書評をお寄せくださったみなさま,本当にありがとうございます。
これからもMy Recommendationsコーナーをよろしくお願いします。   KH

My Recommendations No.149 「新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体」

 徳島大学名誉教授 吉本勝彦先生より,My Recommendationsコーナーに下記図書をおすすめいただきました。吉本先生,いつもありがとうございます。 


『新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体』 

(宮坂昌之/講談社)

 

それでは,お寄せいただいた書評をご紹介します。 

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の変異株が話題になっている。SARS-CoV-2が細胞表面の受容体(ACE2)への結合時に働く「スパイク蛋白」に変異が検出されており、これらの変異株は従来の流行株より感染性が4070%増加すると推定されている。

本書では上記のようなウイルス自体の特徴よりも、感染した人における免疫反応を主に解説している。I型インターフェロンが適切に産生され、正常な免疫反応が働いてウイルスを排除した場合は軽症で済む。一方インターフェロン産生不良が引き金となると、様々な炎症性サイトカインが過剰に産生され多臓器不全を惹起するという。

「自然免疫」、「獲得免疫」、「訓練免疫」や「免疫力の強さの測定の難しさ」についてもわかりやすく説明しており、新型コロナウイルス感染症のみならず一般的な免疫学を学ぶ上でも有用な書である。



本日(1/21)より,蔵本分館1階ホール,My Recommendationsコーナーに展示しています。ぜひ手に取ってご覧ください。                  KH