2016年8月24日水曜日

電子書籍を購入しました

この度,蔵本地区の先生方の選書でMaruzen eBook Libraryの電子書籍を購入しました。
 
電子書籍は使ったことないなーという方は,ぜひ一度試してみてください。
学内のネットにつながったパソコンやスマートフォンから閲覧できますし,
読みたい本が借りられちゃって何日も読めない,なんてことがなくてとっても便利ですよ。
なんと,印刷や保存も著作権法に則った私的使用等の範囲内であればOKなんです。
 
今回は,第1弾として,以下の書籍を登録していますので,ぜひ活用してください。
ということで,第2弾も予定しています。お楽しみに。

書名著編者出版社
がん予防食品開発の新展開 : 予防医学におけるバイオマーカーの評価システム大沢 俊彦シーエムシー出版
薬用食品の開発 ―薬用・有用植物の機能性食品素材への応用―吉川 雅之シーエムシー出版
植物ポリフェノール含有素材の開発 ―その機能性と安全性―吉田 隆志シーエムシー出版
看護観察と判断 ―看護実践の基礎となる患者のみかたとアセスメント― 新装版 [改版]川島 みどり看護の科学社
生命倫理学の基本構図 (シリーズ生命倫理学 1)今井 道夫丸善出版
生命倫理の基本概念 (シリーズ生命倫理学 2)香川 知晶丸善出版
脳死・移植医療 (シリーズ生命倫理学 3)倉持 武丸善出版
終末期医療 (シリーズ生命倫理学 4)シリーズ生命倫理学編集委員会丸善出版
安楽死・尊厳死 (シリーズ生命倫理学 5)シリーズ生命倫理学編集委員会丸善出版
生殖医療 (シリーズ生命倫理学 6)菅沼 信彦丸善出版
高齢者・難病患者・障害者の医療福祉 (シリーズ生命倫理学 8)シリーズ生命倫理学編集委員会丸善出版
遺伝子と医療 (シリーズ生命倫理学 11)玉井 真理子丸善出版
先端医療 (シリーズ生命倫理学 12)霜田 求丸善出版
臨床倫理 (シリーズ生命倫理学 13)浅井 篤丸善出版
医療事故と医療人権侵害 (シリーズ生命倫理学 18)池田 典昭丸善出版
医療倫理教育 (シリーズ生命倫理学 19)伴 信太郎丸善出版
臨床のための神経形態学入門後藤 昇三輪書店
■分子生物学講義中継 全6巻セット 羊土社
■ビジュアル薬剤師実務シリーズ 全4巻セット 羊土社
これからのゲノム医療を知る ―遺伝子の基本から分子標的薬,オーダーメイド医療まで―改訂新版中村 祐輔羊土社
食品の生理機能評価法 ―実験系とツールの新展開を目指して―津田 孝範建帛社
医薬研究者の視点からみた道具としての統計学  改訂2版奥田 千恵子金芳堂
医薬研究者のための統計記述の英文表現  改訂3版奥田 千恵子金芳堂
医学英語論文執筆のための医学英語実用語法辞典海老塚 博メジカルビュー社
あなたも名医!ここを押さえる!パーキンソン病診療 ―34のギモンに答える―(jmedmook 23)服部 信孝日本医事新報社
EBM・臨床疫学キーワード150福井 次矢医学書院
目でみる嚥下障害 ―嚥下内視鏡・嚥下造影の所見を中心として―藤島 一郎医歯薬出版
臨床家のための口腔顎顔面解剖アトラス北村 清一郎医歯薬出版
歯科麻酔実践ガイド ―わかる!できる!―嶋田 昌彦医歯薬出版
新食品分析ハンドブック菅原 龍幸建帛社

 
ちなみに,電子書籍へのリンクは,HPのここです。 
ほかにもたくさん登録されていますし,Maruzen eBook Library以外の電子書籍もありますよ。
 
 
【すぐ行くリンク】
T

テーマ展示「救急」 に新しく図書が加わりました

昨日から始まりました,第49回テーマ展示「救急」に新しく洋図書が1冊加わりました。
1冊でもすごい存在感「Tintinalli's emergency medicine : a comprehensive study guide 8th ed」です!
10㎝はあろうかという厚さ,しかもフルカラーなのでかなりの重量。章立ては26にも及び,なんとIndexだけで90ページ近いボリュームがあります。
救急医療にいかに幅広い知識が必要か,実感をもって理解できますね。

持ち帰るのはちょっと大変かもしれませんが,貸出もできますので,どうぞご利用ください!

ええと…どこに展示しようかな
ブックスタンドにはとうてい収まらず,結局このように











sm

2016年8月23日火曜日

第49回テーマ展示「救急」

来月,9月9日はその語呂合わせから「救急の日」です。「救急の日」は,救急医療関係者の意識を高めるとともに,救急医療や救急業務に対する国民の正しい理解と認識を深めることを目的として,昭和57年(1982年)に厚生労働省によって定められた記念日です。この日を含む1週間は「救急医療週間」(平成28年は9月4日から10日まで)と位置づけられ,各地で様々なイベントが実施されます。

そこで蔵本分館でも,今回のテーマ展示はこの日にちなみ,テーマを「救急」とし,救急医療関連の図書・雑誌を展示しています。監修は救急集中治療医学分野教授,西村匡司先生にお願いしました。

今日の社会において,人々の安心・安全な暮らしのために救急医療は欠くことのできない大変重要な仕組みです。それゆえ,抱える課題も多いと言えるのではないでしょうか。
高齢化の進展などに伴って年々増加し続ける救急搬送,受入先の問題,大規模災害時の医療体制などは,社会全体で取り組んでいかなければならない問題です。

また,かねてより指摘されていますが,救急医療の現場で働く医療従事者の人材不足も,未だに解消されているとは言い難い状況にあります。
あらゆる診療科にわたる救急患者の初期診療を行う医療現場では,総合的,かつ各分野を横断する知識と技術,スピード感が求められます。救急医療はチーム医療でもあるので,その場で指揮を執る医師にはリーダーシップやコンサルテーション能力も必要となってきます。
この分野のスペシャリストである救急科専門医は,現在4,302人を数えますが(平成28年1月時点),それでも必要とされる人数には遠く及ばないのが現状です。
しかし今後も,救急科専門医が活躍を期待される場はさらに広がっていくものと思われます。

この機に,社会の一員として,また医療に携わる立場から,様々な角度で救急医療と,その将来について考えてみませんか?
蔵本分館1階ホール,テーマ展示コーナーにぜひお立ち寄りください!

*第49回テーマ展示「救急」展示資料リスト


sm

館長と総務・財務担当理事が対談を行いました

徳島大学附属図書館では,メールマガジン「すだち」を発行しています。

8月19日に発行された139号に,”館長対談シリーズ「共に創る図書館」”第4回が掲載されました。
吉本館長と阿部総務・財務担当理事との対談です。

http://www.lib.tokushima-u.ac.jp/m-mag/files/139/taidan04.pdf


当館が「図書館の理念と目標」で掲げている「来館型図書館・参加型図書館」に向けての取組について,施設や設備の充実について,図書館職員に期待することについてなど,理事と館長の思いが語られています。

学習支援を担当している一職員としては「ただ用意して待っているのではなく,来てもらえるような色々な取り組みをされているという印象を受けました」と仰っていただき,大変嬉しかったです。
そして,「スキルアップ」という言葉が何度も登場します。教職協働の場で能力を発揮できる職員が求められているということを痛感しました。

次はどんな対談になるのでしょう・・・?
気になる方はぜひメルマガ「すだち」に読者登録をお願いします。

本学の教職員・学生はもちろん,他大学等の組織,個人など制限はありません。
皆様の登録をお待ちしています。
登録はこちらからどうぞ!

(KY)

2016年8月22日月曜日

本日8月22日(月)から31日(水)まで蔵書点検です

蔵本分館では,本日,8月22日(月)~8月31日 (水) の間,蔵書点検を実施します。

対象資料は,蔵本分館1階雑誌書庫(西)にある洋雑誌 です。

蔵書点検の実施場所にある雑誌については,閲覧,貸出等の利用制限をします。
ご利用の希望がある場合は,お手数ですが1階カウンターまでお問い合わせください。


ところで,この蔵書点検作業は,毎年,インターンシップや学内ワークスタディの学生さんに実施してもらっています。本に貼り付けられたバーコードを,1冊1冊,スキャナでひたすら読み取る,という地道な作業です。

今年は,例年よりも点検冊数が多く,期間内に終了できるのか大変心配しておりましたが, 今日来てくれた学生さんのうち一人が,奇跡のような速さで点検作業を行ってくれています。
その数なんと,1日に5,700冊!1時間に960冊!
 もはや,蔵書点検マスター・・・。

おかげで,余裕で期限内に終了できそうです。
明日は筋肉痛になっていないかと心配ですが,他の学生さんも頑張ってくれていますので,ちょっとくらいペースダウンしてもいいですよ(業務連絡)。



このように,学生さんも頑張っておりますので,ご不便をおかけしますが,ご理解とご協力の程,どうぞよろしくお願いします。

(sasa)


2016年8月19日金曜日

アプリでStudy!(「MENU119」と「iTriage」)

8月23日火曜日より第49回テーマ展示「救急」が始まります。
いつものように,展示予定のアプリを一足早くご紹介しますね。

今回ご紹介するのは「MENU119」です。
(iPhone,iPad,Androidに対応した無料アプリです。価格は記事掲載当時のものですので,購入時に必ず各自でご確認ください)

MENU119」は,東京慈恵会医科大学とNTTドコモの共同研究により発案された,救命・医療補助アプリです。
どのように使えるのか,まずは開いてみましょう。

電子音で胸骨圧迫をナビゲート
英語にも対応しています




こちらは,誰かが倒れている場面に遭遇した時,救急車が到着するまでの間の状況判断や一次救命処置(BLS)の実施をサポートしてくれる「一次救命処置ガイド」です。
回復体位での気道確保や,胸骨圧迫の強さと速度など,蔵本地区の学生さんならよく承知しているようなことでも,一般の方が実際にやるとなると,とても勇気のいることです。アプリが分かりやすくガイドしてくれると大変助かりますよね。

その他,小さな子どもの急な病気や怪我で救急受診を迷った時に,判断の目安を得られる「小児救急ガイド」や,自分自身の既往歴・内服薬・かかりつけ医を登録できる「マイカルテ」などのコンテンツもあり,いざという時に役立ってくれそうなアプリです。ぜひお試しくださいね。

次にご紹介するのは「iTriage」です。
(iPhone,iPad,Androidに対応した無料アプリです。価格は記事掲載当時のものですので,購入時に必ず各自でご確認ください)

iTriage」は,患者のニーズに合った質の高い救急医療の提供を目指し,米国のERの医師によって作成されたアプリです。
急な病気や怪我の際,メニューから症状を選択すると,GPSの位置情報をもとに,最適な医療機関を提案してくれるという大変便利な機能を備えており,全米では1,200万件以上ダウンロードされています。
米国で開発されたアプリですが,カナダやメキシコなど,アメリカ国外で利用できる地域も一部あるようです。さすがに日本まではカバーされていませんが…。
とは言え,とてもよく作りこまれていて,信頼できるアプリという印象を受けます。せっかくなのでちょっと試してみましょう。
   
「symptoms」で「headache」を選択
症状によっては年齢・性別で絞り込み可
症状はアバターからも選択OKです

例えばメニューから「symptoms」で「headache」を選ぶと,考えられる原因の一覧が表示されます。リストには偏頭痛や緊張性頭痛だけでなく,副鼻腔炎,高血圧,脱水,咽頭炎など,中には医療従事者でなければちょっと思いつかないようなキーワードも並びます。
これかと思う原因をタッチすれば,ハーバード・メディカル・スクールによる詳しい解説と症状が説明されていますので,当てはまる症状かどうかさらに検討できます。
ここから先,原因に見合った最寄りの病院を紹介してもらって連絡を取り,受診,というのが本来の使い方なのですが,日本在住の私たちが活用できるのは原因を検討するところまでです。
(実際この後,Aurora Sinai Medical Centerなどを紹介してくれました。位置情報がウィスコンシン州ミルウォーキーになっていました)
それでも,クリティカルな原因には注意マークが出るので,すぐに対処すべきと分かるなど,救急受診の判断材料になります。

これ以外にも,自分の健康状態を記録できる「My iTriage」(ログインすれば利用可)や「News」など,機能がいろいろありますので,気軽にタッチしてみてくださいね。

第49回テーマ展示「救急」は,蔵本分館1階ホールで来週火曜日よりスタートです。
皆さんのご利用お待ちしています!
sm

2016年8月18日木曜日

医学生必見!の「リアル知の見取り図」

夏休み期間中の,閉館した図書館でごそごそごそ・・・・

やっと,「リアル知の見取り図」の展示替えができました!

第二弾は,「医学生必見!診断学のススメ」です。
医学科の学生さんには,とても関心のある内容ではないでしょうか。



WEBサイトはこちら 


実は,展示している「モノ」も変わっています。
これまであまり登場する機会のなかった小さなこの本棚が,サイズぴったり!ということに気づき,引っ張り出してまいりました。



前は机に置いていたのですが・・・


こんな本棚に収まりました。

すっきりして,本も置きやすい感じに。
展示タイトルも,はためかせて(?)みました。









蔵本地区の学生の夏休みは短いので,もうすぐ図書館にも学生さんが戻ってきます。その時に,「あ!変わってる!」と思ってもらえたらうれしいです。
今後も,定期的に入れ替えて行きますので,どんどんご利用くださいね。

(sasa)