2017年4月27日木曜日

図書を探すときには?

ゴールデンウィーク目前。
課題やレポートは早めに片づけておきたいですね。
必要な図書をさっさと見つけたい,そんな時にぴったりの図書館の謎をどうぞ。

クリックすると拡大します
 
さて,答えがピンと来ていない方は,最後まで読んでみてください。
答えが隠れているかも?

ところで,図書館利用者のみなさんが素早く目的の図書を発見できるように毎日図書館員がやっていることがあります。8時30分の開館時間から来られている学生さんは目撃したことがあるのではないでしょうか。毎朝のルーチンで行っている蔵書整理です。

棚をチェックして,よその棚に置かれた図書を本来の場所に戻す作業をしています。本が斜めになっていると歪んだり破損したりするのでまっすぐ立てたりもしています。
図書はNDCという分類法で割り振られた番号順に並べます。さらに,著者や書名からとったアルファベットの順に並べます。この番号とアルファベットを合わせて「請求記号」と呼びます。

ちなみに,みなさんは図書館で図書を探すときはどうしてますか?

その1
閲覧室で端の棚から順番にタイトルをみながら選ぶ。

その2
OPACで検索して,表示された請求記号をメモして,該当の番号を探す。

その1は意外な一冊が見つかる可能性もありますが,効率的とはいえないですね。
急いでいても,まずは落ち着いてOPACで検索してから閲覧室へいかれることをお勧めします。
タッチの差で借りたい本が借りられちゃう可能性もありますよ。

謎の答えもわかりましたよね。
隠れているといいつつ,カッコ書きしちゃいました。

T

2017年4月26日水曜日

ご注意ください!雑誌のタイトル変遷

先日,蔵本分館に届いたこの雑誌…



雑誌名が「急変ABCD+呼吸・循環ケア」といいます。長いタイトルですよね。
もともと蔵本分館では「呼吸・循環ケア」という雑誌を購入していました。その雑誌が「救急看護トリアージのスキル強化」という雑誌と合併して,このタイトルになったのですが,実はこの雑誌,これまでにも合併とタイトル変遷(雑誌名の改名)を繰り返しているのです。



  
 「呼吸・循環ケア」は,その前は「呼吸器・循環器達人ナース」というタイトルで,これは「呼吸器・循環器急性期ケア」「達人ナース」が合併してできた雑誌です。「達人ナース」の前は「ナースセミナー」,さらにその前は「月刊ナースデータ」と名乗っていました。
名前がこんなにころころと変わってしまうと,バックナンバーを追いかけるのも大変です。

そんな時はOPACの詳細情報,継続前誌をチェックしてみてください。
その雑誌が,なんという雑誌を引き継いで,タイトルがどう変わっていったかを辿ることができます。

ちょっと見にくいですが…詳細情報はOPAC画面をスクロールした下の方にあります


















今回の例はちょっと極端すぎるかもしれませんが,雑誌のタイトルって結構変わったりするんです,というお話でした。

書庫でバックナンバーを探す時は
ここもチェックしてくださいね















sm

2017年4月25日火曜日

ブラウジングコーナーに「アサヒカメラ」登場です!

蔵本分館2階のブラウジングコーナーに,今年度より新規購読することになった「アサヒカメラ」が登場しました。

この雑誌も,先日ブログでお知らせした「ラグビーマガジン」同様, 昨年12月に実施した雑誌購読希望アンケートの結果,購入が決まった雑誌です。(その時のブログはコチラ
さすがにカメラの雑誌ですね。表紙の写真がとても美しいです。



写真好き,カメラ好きの方のための雑誌かと思っていましたが,スナップ写真撮影時のマナーや法律問題に関する記事なども掲載されていて,スマートフォンで撮影した写真をSNSにアップする時などにも参考になりそうです。
ぜひ手に取ってご覧くださいね。
sm

2017年4月20日木曜日

本屋大賞ノミネート,「コーヒーが冷めないうちに」ご利用ください!

全国の書店員さんが選ぶ本屋大賞2017年が,先週発表されていましたね。
本好きの方はもうチェックされたのではないでしょうか。

大賞は「蜜蜂と遠雷」恩田陸(幻冬舎)に決定したそうですが,ノミネートされた10作品,どれも面白そうで気になります。

その中でも蔵本分館のレコメンドはなんと言ってもこれ!
「コーヒーが冷めないうちに」川口俊和(サンマーク出版)

です!

図書館長の吉本先生が蔵本分館の「My Recommendations」コーナーにおすすめくださったのが,昨年の7月でした。(吉本先生のおすすめコメントはこちら
それからずっとコーナーに展示していますが,とても人気があるので,返却されるとまたすぐに貸出され,図書館にいない日々が続いたこともありました。

そんな話題の本が,なんと今「My Recommendations」コーナーに戻っています!
ラッキーなことに予約なしで借りられます。気になる方はぜひ,チェックしてくださいね!




なお,本屋大賞ノミネート10作品のうち,

「蜜蜂と遠雷」恩田陸(幻冬舎)
「i」西加奈子(ポプラ社)
「夜行」森見登美彦(小学館)
「コンビニ人間」村田沙耶香(文藝春秋)

翻訳小説部門から,

「ハリネズミの願い」トーン・テレヘン著(新潮社)
「すべての見えない光」アンソニー・ドーア(新潮社)

の6冊を常三島の本館で所蔵しています。予約申し込みしていただければ本館から取り寄せ,
蔵本分館で貸出することもできます。詳しくはカウンターまでお問い合わせください。
(人気の本なので順番待ちになるかもしれません。ご了承ください)
sm

2017年4月19日水曜日

新着図書のご案内

お天気がすぐれないうちにお花見シーズンも終わってしまいましたね。
急に暖かくなって,湿気もあるので,4月でも熱中症になるかもしれません。
ゴールデンウィークに備えて?体調を整えておきましょう!

今回は,昨年度1年間に20回以上借りられた本,予約が複数回入った本,教科書や参考書としてシラバスに掲載された本をメインに購入しました。
また,版が更新された本もありますので,見慣れた方も要チェックですよ。

蔵本分館1Fの新着図書のコーナーに写真のように配架しています。

NEW!イラスト解剖学

購入した図書のリストは以下のとおりです。 (「続きを読む」をクリック。)

2017年4月18日火曜日

第54回テーマ展示「蔵本分館ことはじめ」好評開催中です!

第54回テーマ展示「蔵本分館ことはじめ」が始まり,2週間が過ぎました。
展示冊数が多いので,それほどさみしい感じにはなっていませんが,それでも貸出中の札が目立ちますね。
新入生の方だけでなく,上級生の方にもご覧いただいているようで,うれしい限りです。

今週から来週にかけては,貸出中だった図書が戻ってくる時期です。
またBIGPADで展示中のアプリは今回8種あるので,前にチェックした時とは違うアプリに遭遇する確率も高いはず。

図書館へお越しの際は,テーマ展示コーナーにもちらっとお立ち寄りくださいね。

         


sm

2017年4月17日月曜日

図書館の図書,選んでみませんか。


附属図書館の図書ってどうやって選ばれているかご存知ですか?
実は,徳島大学に所属する先生方や学生のみなさんが選んでいるんです。

選べるなら選びたい!っていう人いませんか?
図書を選ぶことを選書といいますが,選書方法をご紹介しますね。

方法その1
学生用図書購入希望は随時受け付けていますので,購入してもらいたい本のリクエストはこちらからいつでもできますよ。

昨年みなさんのリクエストで購入した図書のリストはこちらです。

方法その2
蔵本分館では,毎年2回ブックハンティングという企画を行います。
ブックハンティングは本屋さんで実際に本を見ながら,図書館にあったらいいなという本を選んでいただく企画です。選ばれた本が図書館の蔵書になります。
本を見ながらなので,ちょっと立ち読みしてから選べますし,冊数に制限はありますけど金額を気にしなくていいので,専門書の「オトナ買い」も体験できますよ。例年6~7月と11月に行いますので,ブログや図書館HPをチェックしていてくださいね。

昨年の様子はこちらからご覧ください。

なお,先生方には専門図書の推薦を図書館から依頼しています。
蔵本地区の先生方にご協力いただいて医療系の専門図書が500冊程度,10月頃に入荷します。昨年度から電子書籍の購入も行っていますので,今はまだ少ないですが,今後医療系の電子書籍も増やしていきますよ。新着図書の入荷も当ブログでご案内しますので,チェックしていてくださいね。

昨年の様子はこちらからご覧ください。

学生用図書購入希望もブックハンティングもやってみると意外と簡単ですよ。
ぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。

T