2017年3月30日木曜日

館長と生物資源産業学部長が対談を行いました

徳島大学附属図書館では、メールマガジン「すだち」を毎月発行しています。

2016年5月号(136号)から始まった”館長対談シリーズ「共に創る図書館」”も、今月号(146号)で第11回となりました。吉本館長と辻生物資源産業学部長との対談です。
辻先生は先日My Thesisでお世話になったこともあり、興味深く読ませていただきました。


生物資源産業学部は今年度新設され、ユニークな入試方法やフィールドワークの授業が話題になっています。辻先生の学生に対する期待と暖かい視線が印象的な対談でした。

また「各教員はオフィスアワーを持っていますが、学生がオフィスアワーに質問に来ることはほとんど無くて、図書館だと学生は抵抗なく来ることができると思います」という言葉に、図書館が様々な方に開かれた場であることを再確認しました。

メルマガずたちの読者登録には、本学の教職員・学生はもちろん、他大学等の組織、個人など制限はありません。
皆様の登録をお待ちしています。
登録はこちらからどうぞ

(KY)

2017年3月29日水曜日

2016年度EBMワークショップ実施報告書を附属図書館Webページに掲載しました

2016年度、蔵本分館ではEBM関連のワークショップを3件開催しました。
実施報告書を附属図書館Webページ

http://www.lib.tokushima-u.ac.jp/support/ebm_workshop/

に掲載しましたので、 どうぞご覧ください。

(KY)

2017年3月28日火曜日

テーマ展示に黒板が登場です (第54回「蔵本分館ことはじめ 」)

昨日から始まりました第54回テーマ展示に,黒板が登場しました。

担当のMさんに今回のポイントをたずねると,春という始まりの季節と,スタートを意識して描いてみました,とのこと。
確かに,春の花の代表,桜をはじめ,タンポポ,ノースポール,チューリップなどの花々が咲き誇っています。
フレッシュなスーツ姿の新入生の笑顔も素敵ですね。

春は出会いの季節ですが,別れの季節でもあります。
毎回,素敵な黒板で私たちを楽しませてくれたMさんも,今作を最後に図書館を去られることとなりました。
四月からは新しい環境でのご活躍をお祈りしています。

sm

2017年3月27日月曜日

第54回テーマ展示「蔵本分館ことはじめ」

まだ4月にもならないうちから,少し気が早いようですが,新入生のみなさん,ご入学おめでとうございます。そして在学生のみなさん,進級おめでとうございます。

今回のテーマ展示は,この時期恒例の新入生歓迎企画として,「蔵本分館ことはじめ」というテーマで,蔵本分館の蔵書をご紹介する内容となっています。
監修は,蔵本分館長の鶴尾吉宏先生にお願いしました。

蔵本分館の蔵書は生命科学系の図書が中心となっていますが,生命科学系の図書と一口に言っても,いろいろな本があります。
イラストやカラー写真が美しい図鑑やアトラス,初心者にもやさしいサイエンス系読み物,気軽に読めて知識が広がるマンガ本,一人暮らしでの自炊に役立つレシピブックなどなど…。
本展示では,新入生のみなさんに図書館に興味を持ってもらえるよう,いろんなジャンルの本を集めてみました。

これから始まる大学生活,図書館はいつもみなさんの身近にあって,様々な場面で図書館を利用する機会があると思います。
レポート作成に,試験勉強に,グループ学習に,あるいは気分転換したい時などに,蔵本分館をどんどんご活用ください。

新入生のみなさんは4月早々に,オリエンテーションなどで図書館見学に来られることがあるのではないでしょうか。その時はテーマ展示コーナーもぜひご覧くださいね。

みなさんのご利用,お待ちしております!





ちなみに今まで行ったテーマ展示の一覧は
http://www.lib.tokushima-u.ac.jp/siryou/theme/
から見ることができます。
ぜひチェックしてみてください!
sm

2017年3月24日金曜日

アプリでStudy! part2(「Molecules」,「3D Brain」,「筋肉|骨格解剖学3Dアトラス」,「徳島大学モバイル」)

昨日に引き続き,次回テーマ展示「蔵本分館ことはじめ」で展示予定のアプリをご紹介します。
今日,最初にご紹介するのは,「Molecules」です。
(iPhone,iPad,に対応した無料アプリです。価格は記事掲載当時のものですので,購入時に必ず各自でご確認ください)

Molecules」は,これまでにも何度かテーマ展示に登場したことのあるアプリなので,すでにご存じの方も多いかと思います。
回転する分子模型が見られるアプリなのですが,3D模型をいろいろな角度から観察できるので,図で見るのと違って立体感があります。これをBIGPADの大画面で見ると迫力ありますよ。
Protein Data BankやPub Medで検索した分子を新たに追加することができるので,興味のある方はお気に入りの分子を探してダウンロードしてみてくださいね。

どこかで見たことがあるような形… 
+マークから分子を追加できます

次にご紹介するのは「3D Brain」です。
(iPhone,iPad,Androidに対応した無料アプリです。価格は記事掲載当時のものですので,購入時に必ず各自でご確認ください)

3D Brain」は,脳を29のパーツに分類し,立体的に表示することで,複雑な脳の構造と機能を視覚的に学習できるアプリです。各部位に関連する機能や疾患,最新の研究成果に基づくポイント解説や文献へのリンクもあり,キーワード検索すると関連する部位の画像をピックアップしてくれます。内容充実のアプリです。この機にぜひお試しください!

該当箇所以外は透過するので位置がイメージしやすい!
名称を表示できるほか,ポイント解説もついてます

次は,今回初登場のアプリ,「筋肉|骨格解剖学3Dアトラス」です。
(iPhone,iPad,Androidに対応した無料アプリです。価格は記事掲載当時のものですので,購入時に必ず各自でご確認ください)

筋肉|骨格解剖学3Dアトラス」は,3Dによる頭蓋骨と上肢の解剖学モデルを様々な角度から観察できるアプリです。3Dモデルからパーツやピンを選択すると,その部位の用語が表示されます。(なんと11ヶ国語で利用可能)
回転や拡大もできるので,頭蓋骨の裏側まで,見たいところを見ることができます。頭蓋骨に刺さるピンの多さに,こんなに細部までちゃんと名称が付けられているんだなあと感心します。「3D Brain」と併せて使えば頭部は完璧?かもしれませんね。

無数のピン!これすべてに名称がついてるんですね!
ピンやパーツを選ぶと上に名称が表示されます

そして最後にご紹介するのは「徳島大学モバイル」です。
(iPhone,iPad,Androidに対応した無料アプリです。価格は記事掲載当時のものですので,購入時に必ず各自でご確認ください)

徳島大学モバイル」は,徳島大学が提供する公式アプリで,学生さんはもちろん,徳島大学に関係するすべての方に,便利で役立つキャンパス情報をリアルタイムに発信しています。
「カレンダー」,「マップ」,「イベント」など,便利なコンテンツがいろいろあります。
「とくだいなび」を見ると,早くも新入生歓迎イベント情報が掲載多数!「新歓ライブに興味があるけど場所がよく分からなくて…」という時には「マップ」を参照すれば不慣れなキャンパスでもバッチリです。
インストールしておけば,これからの大学生活にきっと役立つアプリだと思います。ぜひテーマ展示コーナーでお試しくださいね。

きっとこれからのキャンパスライフに役立ちます

すでにたくさんの新歓イベントがアップされています

期間中,展示するアプリは日替わりですが,その日のアプリとは別に気になるアプリがあれば,切り替えることもできます。お気軽に職員にお問い合わせくださいね。
皆さんのご利用,お待ちしております!
sm

2017年3月23日木曜日

アプリでStudy! part1(「The DS Anatomy H&N Lite」,「drawMD General Surgery」,「e食材辞典」,「Heart Decide」)

3月27日月曜日より,第54回テーマ展示「蔵本分館ことはじめ」が始まります。
今回の展示は,この時期恒例の新入生歓迎企画として,蔵本分館の蔵書を紹介する内容となっています。
蔵本分館の蔵書は生命科学系の図書が中心なので,堅いイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが,結構バラエティ豊かなんですよ。
新入生の皆さんに「蔵本分館にはこんな本があるんだ」と興味を持ってもらえるような,在学生の皆さんには意外に思ってもらえるような展示になれば,と思っています。

さて,いつものように,展示予定のアプリを一足早くご紹介します。
今回は過去に展示して好評だったものや,特に新入生におすすめしたいアプリなど,8つのアプリをご紹介する予定です。ごくごく簡単にではありますが,2回に分けてブログで解説しますね。

まずご紹介するのは「The DS Anatomy H&N Lite」です。
(iPhone,iPad,に対応した無料アプリです。価格は記事掲載当時のものですので,購入時に必ず各自でご確認ください)

The DS Anatomy H&N Lite」は,人体の頭部および頸部に特化した3D解剖学アプリです。H&NというのはHead&Neckの略ですね。
頭頸部の筋骨格系解剖図の3Dモデルを,角度や大きさを変えて(操作はタッチパネルで簡単)細部まで詳細に観察でき,初学者でも理解できるように基礎知識もついています。
有償アプリの無料お試し版なので,利用できるコンテンツは限られているのですが,3Dモデルがリアルでインパクト大です。期間中展示しているのを見かけたらぜひタッチしてみてくださいね。

咀嚼筋についての解説が見られます
筋学について簡単にまとめられてます

次にご紹介するのは「drawMD General Surgery」です。
(iPhone,iPad,に対応した無料アプリです。価格は記事掲載当時のものですので,購入時に必ず各自でご確認ください)

drawMD General Surgery」は,基本的な手術に関するイラストを簡単に描くことができる描画アプリです。腹部,胸部,甲状腺などのイラストが用意されていて,その上に絵を描いていくのですが,描画ツールにはペンだけでなく,スタンプもあり,複雑な腫瘍や臓器の図もポンと置くだけで表現できます。
もともとは患者さんへの説明用に開発されたアプリですが,数人でディスカッションしながらのグループ学習などにも利用できるのではないでしょうか。興味のある方は展示中にぜひお試しくださいね。

用意されているスライドは11枚。写真も使えるようです
複雑な臓器もスタンプでポンと置くだけ。便利です

次にご紹介するのは「e食材辞典」です。
(iPhone,iPad,Androidに対応した無料アプリです。価格は記事掲載当時のものですので,購入時に必ず各自でご確認ください)

e食材辞典」には,409個もの食材が収録されており,それぞれの食材の選び方や下処理方法,旬の時期や特徴,品種や由来などが解説されています。その名の通り辞典としても利用できますが,その食材を使った料理レシピを動画つきで紹介してくれるという,大変便利なアプリです。
医科栄養学科の方はもちろん,この春から一人暮らしを始めた新入生の方にもおすすめしたいアプリです。自炊生活で困った時のお助けアプリになってくれると思いますよ。

食材・レシピをお気に入り登録できます
紀元前から食べられていたアスパラガス

今日最後にご紹介するのは「Heart Decide」です。
(iPhone,iPadに対応した無料アプリです。価格は記事掲載当時のものですので,購入時に必ず各自でご確認ください)

Heart Decide」は,3Dアニメーションで心臓が動く様子を見られるアプリです。狭心症の病態や,血管形成術およびステント留置術がナレーションつきのアニメーションで見られます。ちなみにナレーションは英語ですが,アニメーションを見ているだけでも十分理解できます。心臓が脈動するリアルな様子をぜひご覧くださいね。

無料で利用できるコンテンツは少ないのですが…
動く心臓のアニメーションはとてもリアルです

どのアプリも,期間中はテーマ展示コーナーにあるiPadでお試しいただけますので,気軽にタッチしてみてください!

明日は,「アプリでStudy! part2」と題して,「Molecules」,「3D Brain」,「筋肉|骨格解剖学3Dアトラス」,「徳島大学モバイル」の4つをご紹介する予定です。
引き続きこちらもチェックしてくださいね!
sm

2017年3月22日水曜日

ご意見への回答(就活本について)

<ご意見>
就活関連の本をもっとふやしてほしい。(くらもとにも)
(3月15日)

<回答>
ご意見ありがとうございます。蔵本の学生の多くは専門機関に就職するため,これまで,就活関連の本はあまり積極的に購入しておりませんでした。ただ,最近は,学内の他のアンケートでも「蔵本キャンパスでも就活支援をしてほしい」という要望が出ておりましたし,ニーズの高まりを感じているところです。
とはいえ,就活本は買い始めるとキリがなく,少ない予算の中でどれを買うとよいのか,選定が難しいものです。そこでまずは,読みたい就活本をお知らせいただけないでしょうか?

図書館には,学生のみなさんの図書購入リクエストにお答えする「学生図書購入希望」という制度があります。
こちらのフォームからお申込みいただきますと,図書館で購入し,貸出の準備ができ次第,リクエストされた方に連絡して,優先的に貸出できるようにしております。
ぜひこの制度を活用ご活用ください。
※公平を期すため,リクエスト冊数や金額には上限がありますのでご了承ください。

リクエストされた本の活用状況をみながら,徐々に充実させていきたいと思います。

(sasa)