2017年6月27日火曜日

図書館で健康いきいき講座「知っておきたい認知症のこと」を開催しました

6月24日(土)に徳島市立図書館にて、図書館で健康いきいき講座vol.2「知っておきたい認知症のこと」を開催しました。

徳島大学病院 精神科神経科の亀岡尚美先生に講演いただき、集まった参加者の皆さんからいただいたたくさんの質問には、講師の亀岡先生から一つ一つご回答いただきました。
認知症の人の割合は85歳以上ではなんと27.3%
しかも今20歳の人が働き盛りの40代になる前の2035年には、認知症の人の数は約4,400万人と予想され、現在の約1.5倍になります。
誰が支えるのか不安がいっぱいです。

でも逆に考えると7割以上の人は85歳を過ぎても認知症になっていないということですね!
認知症には4つの種類がありますが、その中でも全体の20%を占める血管性認知症というものは予防も可能だそうです。
できることから始めましょう♪

さて、徳島大学附属図書館は徳島市立図書館と連携協定を結んで今年で5年目になりますが、今回の講座はこの連携協定による企画です。
ご参加いただいた皆様、そしてご協力いただいた皆様、ありがとうございました。 
 (m)

2017年6月26日月曜日

今月のいずみ号(2017年6月)

今日6月26日(月)は,徳島市立図書館の移動図書館「いずみ号」の巡回日でした。
梅雨なので,数日前からお天気を気にしていて曇空と思って長井記念ホール前に行くと日差しが少し暑く感じられました。

いずみちゃんは,梅雨バージョンでした。



今月の特集は,「アタマの体操」でした。梅雨の時期にぴったりですね。

次回のいずみ号は,7月21日(金)14時半~です。                     KH

2017年6月23日金曜日

第56回テーマ展示「知っておきたい認知症のこと」好評開催中です!

6月19日(月)より始まりました第56回テーマ展示ですが,好評いただいており,早くも貸出中の札がちらほらと目立つようになってきました。

明日24日(土)は徳島市立図書館で,本展示監修の亀岡尚美先生による講座,「知っておきたい認知症のこと-予防と認知症の人を支えるために-」が開催されます。

事前のお申し込みですでに満員御礼につき,お席に空きはないのですが,徳島市立図書館ではこのイベントに合わせ,6階の一般室で認知症関連の図書を展示されています。
徳島市立図書館へお寄りの際は,こちらのコーナーもぜひチェックしてくださいね。

sm

2017年6月21日水曜日

テーマ展示に黒板が登場です (第56回「知っておきたい認知症のこと 」)

6月19日(月)より始まりました,第56回テーマ展示に黒板が登場しました。
今回も素敵な絵を描いてくださったのはMさんです。

Mさんに今作のポイントを聞いてみました。

梅雨の合間に虹が架かる空と,監修の先生のお名前にちなんだかわいい亀さんだそうです。
亀を描くようにアドバイスしてくれたのは,分館ブログの「My Recommendations」の記事でおなじみのGさんなんですよ。

こちらの黒板もぜひチェックしてくださいね。

sm

2017年6月20日火曜日

文献検索講習会,ご参加ください!!

かねてより館内のポスター等でお知らせしておりましたが,図書館では毎年この時期恒例の文献検索講習会を開催しています。

今日と明後日の2日間は応用編3,蔵本地区の皆さんに最も需要があると思われるPubMed検索の上級編です。
席にはまだまだ余裕がありますので,この機にぜひご参加ください!
お待ちしております!

・6/20(火)16:30~17:30  
・6/22(木)16:30~17:30

両日とも同じ内容でお送りします。MeSHを駆使した検索や,EBMを考慮した検索など「PubMed」の応用的な使い方や検索方法について,演習を交えて説明します。

お申し込みはコチラからどうぞ!


sm

2017年6月19日月曜日

第56回テーマ展示「知っておきたい認知症のこと」

蔵本分館では本日より,第56回テーマ展示を1階ホールにて行っています。
今回は徳島大学病院 精神科神経科助教,亀岡尚美先生に監修いただき,「知っておきたい認知症のこと」というテーマで図書・雑誌を展示しています。

認知症とは「生後いったん正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで,日常生活・社会生活を営めない状態」と定義されています。
発症の最大のリスクファクターは加齢で,65歳以上の高齢者における有病率は8~10%程度と推定されています。患者数は,高齢者人口の増加に伴い,2020年には325万人にまで達すると予測されており,認知症をめぐる諸問題は,その与える影響の大きさから,社会全体で取り組んでいかなければならない課題となっています。

医療の分野では,診断基準の整備,画像診断技術の向上,治療薬の開発など,研究が進んでいますが,根治できる治療法が確立されていない現状では,認知症は後戻りすることのできない疾患と言えます。
認知症を予防,または進行を遅らせることはどこまで可能なのか,また,家族が認知症と診断されたとき,どのように向きあい,ケアすればよいのか。
本展示では,診断や治療に関する図書から,最新の研究動向を特集した雑誌,患者さんやそのご家族が自身の体験を語るインタビューを集めたサイトなどをご紹介しています。認知症に関する様々な疑問について考える時,参考になると思います。
展示期間は7月31日(月)までです。期間中,ぜひ蔵本分館1階ホール,テーマ展示コーナーにお立ち寄りください。

今まで行ったテーマ展示の一覧は
http://www.lib.tokushima-u.ac.jp/siryou/theme/
から見ることができます。
こちらもチェックしてみてくださいね!

sm

2017年6月16日金曜日

ご意見への回答(5‐6月分)

<ご意見>
小さな虫が大量発生してて勉強に集中できません。あみどに死がいがくっついたりもしてるのでそうじして下さい。虫よけスプレーもおねがいします。ノートやプリントにもはさまってめいわくしています。

生命科学閲覧室(特に窓側)に虫が大量発生しており,勉強に集中できません。机上の虫を取り除いても,時間が立つと小さな虫の死骸が大量に落ちてきています。駆除等何らかの措置を取っていただけませんか。

<回答>
虫についてのご意見を2通いただきました。ありがとうございます。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。5月12日に網戸に虫よけスプレーを散布して対処していたのですが,効果が十分ではなかったようです。
6月7日にもういちど虫よけスプレーを散布しましたので,まだ虫が出るということでしたらご連絡いただけないでしょうか,よろしくお願いいたします。

その時のブログはコチラ

<ご意見>
とても暑くて勉強に集中できません。できればクーラーをつけていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

<回答>
ご意見ありがとうございます。
徳島大学の冷房期間は原則として7月1日からとなっております。ただ,館内の温度・湿度等から勉強に支障が出ると思われる状態でしたら,時間を限定して冷房を入れることも検討したいと思います。
また,館内に扇風機を置きましたので、こちらもご利用ください(ただし,多くの方が利用できるよう,ご協力をお願いします)。

その時のブログはコチラ

<ご意見>
学習室で受験勉強している人がいるのに階段をドタドタ大きい足音でかけ上り、雑談する。自分達が勉強中に同じ目にあったら、とは考えないのでしょうか。次回から写真にとり出そうかと思います。徳大医学部の学生はこういうことは学習しないのですか。人数も多すぎます。

<回答>
ご意見ありがとうございます。
また,不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。
2階では静かに学習するよう掲示をし,職員が声の大きい学生に対し注意喚起もしているところですが,なかなかマナーが守られないようです。
写真に撮るというのは問題になりますので,学生の声が大きい時にはカウンターまでご連絡をお願いします。

網戸に使用した虫よけスプレー。大量です。
sm