2018年5月25日金曜日

第63回テーマ展示「総合診療 2018」

蔵本分館では第63回テーマ展示を1階ホールにて行っています。今回はお寄せいただいたリクエストをもとに,大学病院総合診療部教授 谷憲治先生にご監修いただき,「総合診療 2018」をテーマに関連書籍・雑誌を展示しています。

総合診療,すなわちプライマリ・ケア(primary care)の意味合いは幅広く,1996年の米国国立科学アカデミー(National Academy of Sciences, NAS)による定義によると,「患者の抱える問題の大部分に対処でき,かつ継続的なパートナーシップを築き,家族及び地域という枠組みの中で責任を持って診療する臨床医によって提供される,総合性と受診のしやすさを特徴とするヘルスケアサービス」と説明されています。
言い換えれば,あらゆる健康上の問題や疾病に対する広い知識を活かし,時に専門科および地域の医療機関・サービスとの連携や予防医学的なアプローチを行いながら,複数の症状や疾患を抱える患者さんが必要かつ適切な治療を受けられるようにすることが総合診療の主旨であり目的であると言えるでしょう。
高齢化や生活習慣の変化に伴う慢性疾患の増加,また,疾病の多様化が注目される現代日本においては,多種多様な疾患や健康問題への領域を問わない総合的な対応が求められており,2018年にはこうした診療のスペシャリティとして「総合診療専門医」が発足するなど,総合診療の必要性と今後の展開への期待はますます高まっています。
皆さんも,これを機に総合診療への関心と理解を深めてみませんか?

展示期間は7月12日(木)までとなっています。皆さんのご利用,お待ちしております。また,テーマ展示コーナーでは皆さんのご意見やリクエストをお待ちしております。今後の展示の参考にさせていただきますので,お立ち寄りの際には是非コメントをお寄せくださいね。

今まで行ったテーマ展示の一覧は
http://www.lib.tokushima-u.ac.jp/siryou/theme/
から見ることができます。
ぜひチェックしてみてください!
F

2018年5月21日月曜日

楽しみながらELCS Workshop!

毎週金曜日の午後になると、蔵本分館で英会話の声が聞こえてきます。
教養教育院 語学教育センターによるEnglish Learning Communication Space (ELCS)の時間外特別英語学習の授業です。
1Fラーニングコモンズでは15:15~16:45までJeffery先生によるMedical English(初級)のクラス、2Fミーティングルームでは16:00~18:00までDonald先生によるMedical English(中級)のクラスが行われています。
今年度から語学マイレージ・プログラムのポイントが付与されることから、1年生中心の受講ですが、講師の先生からは誰でもウェルカムとのことですので、ちょっとのぞいてみませんか?
 
こちらはJeffery先生のMedical English(初級)のクラスです。





 
 
 
こちらはDonald先生のMedical English(中級)のクラスです。










現在、前期後半(5/28~7/19)の申込み受付期間です。













詳しくは語学教育センターHPをご覧ください。
http://las.tokushima-u.com/language-education-center/kuramoto-workshop/

(m)

2018年5月17日木曜日

今月のいずみ号(2018年5月)

今日5月17日(木)は,徳島市立図書館の移動図書館「いずみ号」の巡回日でした。
日差しが強く初夏並みの暑さでした。職員KHは,ついつい日陰に入りたくなります。
小さいお子さんと一緒に来てたくさん本を借りている方も見かけました。

新年度らしくはじめて借りる方への案内がありました。すごくわかりやすい案内です。
今月の特集は,「おなかがすく本、あります」でした。
普通のレシピ本ではなく企業の商品名がついた本があり驚きました。



次回は,6月14日(木)14時半~です。次回もぜひご利用ください。             KH

2018年5月2日水曜日

徳島市立図書館との合同研修会に参加しました

 ゴールデンウィーク中日の今日,皆さんいかがお過ごしでしょうか。本日は生憎の雨模様ですが,明日からはまたお天気も持ち直すということで,外出を予定されている方も多いのではないでしょうか。

 さて,昨日5/1(火)は昨年に引き続き徳島市立図書館との合同研修会が開催され,私ことFも参加して参りました。講師の図書館サービス計画研究所代表 仁上幸治先生と株式会社ハコヤ代表取締役 山下浩司さんには分かりやすく大変勉強になるお話をいただき,また,市立図書館の方々とおこなったグループワークも新鮮でとても有意義な体験となりました。
 先生方,そして徳島市立図書館の皆さま,ありがとうございました。

仮想図書館内をVRで体験
グループワーク中の風景 








 


 今回の研修のテーマは,図書館のサイン計画について。ここで言う「サイン」とは,下の写真のような案内表示のことです。我々職員の目線では風景の一部になってしまいがちなこのサイン,改めて見直すと色々と問題点が見つかります。皆さんの中にも,「これ、どこ(何)のこと?」という疑問を持たれたことがある方がいらっしゃるかもしれません。改善の余地は大いにありそうです・・・。

蔵本分館内のサインの一例

 今回の研修をしっかりと活かし,皆さんに快適にご利用いただけるよう,図書館では今後とも様々な努力をして参ります。ご意見・ご要望がありましたら是非お聞かせくださいね。
F

2018年4月27日金曜日

文芸コーナーの図書を入れ替えました(2018年5月分)

青葉が美しい季節になりました。

毎月恒例,蔵本文芸コーナーの図書を入れ替えましたのでお知らせします。
連休中に家でのんびり読書をされる方もいらっしゃるかも・・と思い,少し早めに並べました。


 
 
今回は特にテーマを決めず,いろいろなジャンルから選んでみました。
新学期が始まって1か月が経ち,少し疲れも出てくる頃だと思います。
そんな時に,文芸コーナーの本で気分転換してみてはいかがでしょうか。

文芸コーナーは蔵本分館2階中央閲覧室内にあります。
ぜひご利用ください。
                                                                                       mt

2018年4月18日水曜日

My Recommendations No.113「世界を救った日本の薬 画期的新薬はいかにして生まれたのか?」

 今回のMy Recommendationsコーナーには,附属図書館長 吉本勝彦先生(分子薬理学分野教授)より,下記図書をおすすめいただきました。吉本先生,いつもありがとうございます。

『世界を救った日本の薬 画期的新薬はいかにして生まれたのか?』(塚﨑朝子/講談社)

それでは早速,お寄せいただいた書評をご紹介します。

日本人が生みだした初の合成医薬品は長井長義氏により開発されたエフェドリンだ。その後、世界の売上高が年間10億ドルを超えた日本発の最初の薬はジルチアゼム塩酸塩(カルシウム拮抗薬)である。本書では、このほか大村智氏が発見したイルベメクチン(駆虫薬)、本庶佑氏が開発したニボルマブ(がん免疫治療薬)、大塚製薬のアリプラゾール(非定型統合失調症薬)や徳島大学薬学部教授を務めた藤多哲朗氏により見出されたフィンゴモリド塩酸塩(免疫抑制薬)などが紹介されている。いずれもシーズの発見から薬の承認を得るまでの詳しい経緯や研究者の創薬に対する執念が描かれている。薬学部学生のみならず医療系学生・教職員にオススメの本。


 本日より,蔵本分館1階ホール,My Recommendationsコーナーに展示しております。ぜひ手に取ってご覧くださいね!

2018年4月16日月曜日

今月のいずみ号(2018年4月)

 本日,4月16日(月)は市立図書館の移動図書館「いずみ号」の巡回日でした。春らしい陽気とお天気にも恵まれたこともあり,親子連れでの利用をはじめいつも以上に多くの方の姿が見受けられました。


 春の行楽シーズン,ゴールデンウィークも控えた今回はおでかけ特集です。るるぶやことりっぷをはじめとする旅関連の書籍,ガイドブックなどがたくさん揃っていますね。貸出も多いとのお話をうかがいました。旅本を読み比べながら旅行の計画を立てるのも楽しそうです!
下段には2018年 本屋大賞受賞者作品の特集も








  









 次回の巡回日は,5月17日(木)です。来月も是非いずみ号をご利用ください。
F